ようこそSHISA,SBARへ

shisamasa.exblog.jp
ブログトップ

タグ:運河 ( 28 ) タグの人気記事


2015年 10月 07日

運河残影

お久し振りです。
d0131305_16265092.jpg
d0131305_1621411.jpg
d0131305_16212712.jpg
d0131305_16233581.jpg
d0131305_162358100.jpg

分かりましたか?
[PR]

by Officepapermoon | 2015-10-07 16:30 | その他
2013年 01月 26日

発見です。

何年も通っている小樽運河、薄氷の上に浮かんだのは、
d0131305_123784.jpg
わかります?ガス燈のシルエットです。
[PR]

by Officepapermoon | 2013-01-26 12:39 | 小樽運河
2012年 02月 14日

終了しました。

2012第14回雪あかりの路終了しました、冷え込みは厳しかったのですが、大きく崩れる事もなく、10日間を終えることが出来ました。
d0131305_1630446.jpg
今さらですが「浅草橋」からの撮りです、入り数が2割減とか、比較的今年は撮りやすかったが、今だここでは「邪魔だ」「俺は〇時間待っているんだ」とかおおきな声で叫んでいる。自分の思う時間行ってトットト撮影して抜け出す、数人がその場所に流れ込む、私のバックを引っ掛けたまま、危なく引きずられそうになるが無事抜け出す。
d0131305_16443327.jpg
d0131305_16462100.jpg
道路の照明の写り込み、駅前通りより札幌側は半分消されていますが、余市側は全部着いています、この部分も半分にしてくれると、浮き球キャンドルが映えてくるはずだ、クロスを掛けてもここまでうるさくはならないはず。
d0131305_16522217.jpg
この日は途中から雪なか街灯の光が雪に反射する、ストロボで雪をだす。
昨日から風邪気味、体がだるいが寝てる訳には行かない、今晩で復帰します。
まずは関係者、そして来樽してくれた皆さんありがとう。
[PR]

by Officepapermoon | 2012-02-14 17:01 | 雪あかりの路
2011年 11月 01日

今日から11月です

今日から11月です。
早いもので今年もあと2ヵ月、3・11の東日本震災そして福島原発事件といろいろありましたが、後2ヵ月は静かな日々を送りたいが・・・・・・
街中の蔦ももう最後?
d0131305_6402863.jpg
d0131305_640482.jpg
d0131305_6411468.jpg
と思いつつ天気を見ながら出かけいますが、原稿書きやら事務処理と机の前にもいなくてはなりません。
秋の旅行シーズンです、多くの方が運河に訪れています。
d0131305_6484024.jpg
あれれ、画面左がやけに広いですね?
d0131305_6501123.jpg
そう浅草橋より2・30mに植えてあった松が切られていました、どうするのでしょうか?まさか撮影用デッキでも造るのではないでしょうね。何になるかは分りません、教えてください?
[PR]

by Officepapermoon | 2011-11-01 06:55 | 街ネタ
2011年 03月 04日

3月に入り

2月後半の穏やかな日々が、ウソのような日々続いている。
3月3日、今年の女神は、何を思ったかこの様な天気で表現してきた。
朝は昨晩からの降雪を残し、一見穏やかに見せたが、
d0131305_12251893.jpg
10時を過ぎるあたりからにわかに様相を変えてきた、午後1時には
d0131305_12272828.jpg
小樽運河浅草橋には人の姿は無い
d0131305_12293267.jpg
運河の遊歩道は足跡も無く風だけが通り過ぎて行く
d0131305_1234095.jpg
d0131305_123332100.jpg
振り返ると
d0131305_12351083.jpg
今来た道を1人の旅行者が、足跡に足を重ね進んで行った。
[PR]

by Officepapermoon | 2011-03-04 12:39 | 自然
2010年 12月 31日

さようなら

今年も今日でお終い、この2日間は先日お伝えした、「峯山冨美」さんの葬儀のお手伝いをしてきた。
d0131305_1723932.jpg

峯山さんとは、東京から戻ってチョッとしてから知り合いもう34・5年になっていた、「運河を守る会」の会長をし、この街の行く末を考え、この街に生きる事を教えていただいた、私は私のスタンスで運河の保存を、と思っていた頃で、私にはけして「運河を守る会」に入らないかとは言わなかった、それが後にポートフェスティバルやサマーフェスティバルを自由に参加できる状況になった様な気もする。運河問題が終結し、「再生フォーラム」に参加するようになってからは、話す機会も有ったがゆっくりという訳でもなかった。
峯山さんが2008年日本建築学会文化賞をいただき、その記念講演会を行った時、道新のコラムに峯山さんの講演会のことを書いた、それを読まれた峯山さんから手紙をいただいた、そこには記事のお礼と今までにあまりよく話をする事が出来なかったこと、「これからはあなた方の時代、がんばって」と励ましの言葉、最後に「一度ゆっくりお茶でも飲みましょう」と書かれていた。
しかし、そのお誘いに答える事が、出来ないままお別れする事になってしまた、先日N君から「峯山さんの容態が今チョッと良いよ」と聞いていた、正月が開けたら、今回掲載された「月刊おたる」を持って、ゆっくり会いに行こうと思っていたが叶わなかった、せめて最後の2日間は、峯山さんのお手伝いで償わせていただかないと思いこの手紙を胸にしまい過ごさせていただいた。
d0131305_17374613.jpg
小樽シオン教会には多くの方が参列された、
d0131305_17404821.jpg
葬儀式の最後には、峯山さんが卒業された、庁立女学校の校歌が合唱された。

合掌
[PR]

by Officepapermoon | 2010-12-31 17:50 | その他
2010年 10月 30日

例年から見ると

例年から見ると、運河の蔦はいまいちのようです、
d0131305_11433125.jpg
色はもちろん,葉の付き方いや先日の嵐で落ちてしまったようです、
d0131305_1146274.jpg
時季を見ても、2週くらい遅いようです。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-10-30 11:50 | 小樽運河
2010年 08月 27日

久しぶりです

昼間の雲の様子で、夕景と月はあきらめていたのですが、
d0131305_15505313.jpg
ホーマックの帰り予期せずに始まった夕陽、それは向いの空から始まった、小樽の街から見ると北から北東の空が染まり、西へと進む、夕陽を撮る時は、東の高い雲を参考に、どの位赤くなるかなどと予想するが、昨日は違った、向かいの山から回り込むように西へと進んだ
d0131305_1601356.jpg
最初のカットからダッシュで、浅草橋外苑へそして夕陽はこの時期は、
d0131305_1641384.jpg
この方向へ沈む。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-08-27 16:05 | 朝日 夕日
2010年 07月 07日

今年はまだ・・・

今年はまだ出会いません、
d0131305_12461514.jpg

30年いや20年前は、この時期よく見ていたこの風景、最近はこの時期あまり見ることが出来ません、やはり地球が変わってきたのでしょうか。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-07-07 12:49 | 小樽運河
2010年 03月 22日

春の嵐?

もう春いや晩冬?
昨日の朝からすごい風、2階に居ると部屋が揺れている、日中は雨夕方には雪と又風、
d0131305_10563055.jpg
止せばいいのにそんな中、浅草橋まで運河の夜景撮り、三脚のカメラが揺れてます、言いえ飛ばされそうです、場所によっては三脚に細工をするのですが、今回は無防備でした。
d0131305_1135315.jpg
そして私自身も無防備で、この冬始めて寒さに震え早期退散でした。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-03-22 11:07 | 自然