タグ:ボランティア ( 6 ) タグの人気記事


2011年 02月 19日

ごめんなさい

前回のブログに、アップする筈の写真を忘れてしまいました。
「緑の街づくり」の皆さん本当にご苦労さまでした。
d0131305_12392477.jpg
26日は打上げです、飲んで食って飲んで、言い放題で楽しみましょう。
[PR]

by Officepapermoon | 2011-02-19 12:44 | 街なりスト
2010年 11月 23日

この時期外せない

この時季はずせないのが、プラタナスの落ち葉清掃、
d0131305_1551557.jpg
d0131305_1552937.jpg
プラタナスの剪定はしないでと言った点前皆で清掃、最近は地元のお店が掃いてくれる所為か、当初より早く終った。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-11-23 15:12 | 活動
2010年 02月 02日

2月になりました。

2月になり、街全体が雪明りムードに突入ですね、
d0131305_1749283.jpg
今日から又、冬日のようです。
運河には、
d0131305_1751490.jpg
薄く氷らしいマクがみれます、このまま冷え込むと蓮氷も期待できそうです。
そんな寒い中、「第12回おたる雪あかりの路」の準備が進められおります、
d0131305_1757227.jpg
この赤いスキーウェアーのメンバーは、韓国と中国からやって来た雪あかりのボランティア、このイベントの為に飛行機代や食費宿泊費を自費で持ち、(宿泊費の1部は実行委員会が補助)4日までに自分たちの雪像を作り上げ、5日からは、雪あかりのボランティアスタッフとして働く、彼らはこの様そうで5・6人で街中をかっ歩し、自分たちの食料の買出しをしたり、時には食事に出ております。街中で、もし出会う事があったなら、一言「ごくろうさま」「こんにちは」と小樽市民なら暖かな気持ちで声を掛けてやってほしものです。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-02-02 18:24 | 小樽運河
2009年 02月 16日

2009 雪あかりの路7

昨日21時数発の花火で10日間の「雪あかりの路」は終了しました。
13時はげしい雪の中の補修開始です、
d0131305_12323099.jpg
14時過ぎ
OKOVO手宮B担当チームとミーティング、
d0131305_12352693.jpg
d0131305_12362934.jpg
d0131305_12394260.jpg
作業です隣チームは中国チームです
d0131305_1238667.jpg
17時過ぎにはキャンドルに火が灯り
d0131305_12455069.jpg
交代で食事後は雪や風で消えたキャンドルの点火です、
d0131305_12483958.jpg
昨日は特に風雪が強く大変でした。
そして最終日恒例の記念写真です、
d0131305_12523740.jpg
みなさんご苦労さまでした。
[PR]

by Officepapermoon | 2009-02-16 13:01 | 街なりスト
2009年 02月 12日

2009 雪あかりの路4

カレンダー用はまだまだ続きます。
d0131305_11481568.jpg

昨日の小樽は曇り,午前中はマリーナの釣り体験の取材
d0131305_12241961.jpg
d0131305_1151039.jpg
トドです、こいつが登場すると釣果は極端に落ちます、トドのカップルは刺し網付近で食事の様です。
夕方からは 、「小樽雪あかりの路」へ定番ですが、今回の1番の人出とはと言っておりました、
d0131305_1255332.jpg
空の暗さはこの位が限界かなこれ以上暗いのは嫌いです。
事務局に顔を出すと、差し入れが在るので食べて下さいと、ボランティアの為のボランティア、緑の街づくりの会のSさんが豚汁を作って来てくれました、この様にボランティアの為にと差し入れがあります、甘酒・ココアなどが例年差し入れられ、作業途中の合い間に頂いたり終了後に頂きます。
d0131305_1282996.jpg
ありがたい事です、感謝感謝。
[PR]

by Officepapermoon | 2009-02-12 12:36 | 街なりスト
2009年 02月 04日

OKOVO

小樽雪あかりの路も後2日で始まる、昨日の午後は納品の為運河界隈まで
2月1日に小樽入りした韓国ボランティアOKOVOのメンバーが作業をしていた。
d0131305_12493791.jpg
d0131305_1250644.jpg
d0131305_1250387.jpg
OKOVOとは、この小樽雪あかりのボランティアをする為の団体だ、このボランティアをする為に、数百人の応募の中から選ばれた52名が今年の参加者である、昨年秋からのウォン安で2倍の費用を自腹での参加、今年はさらに10数名の中国ボランティアも手宮線会場に参加すると言う、中国ボランティアも昨年初参加したメンバーがさらに参加者を募り今年も参加してくれていると言う、この中国メンバーに声を掛けたのはやはり以前このボランティアに参加したOKOVOのメンバーだという、頭が下がる思いだ。徐々に広がるアジアの輪が見えてきそううだ。
後ろを振り返ると
d0131305_1310837.jpg
地元小樽の企業チームの作業も始まっていた。
[PR]

by Officepapermoon | 2009-02-04 13:22 | 街なりスト