<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 23日

ロング

ロングクリスマスが始まっています。d0131305_14273071.jpg
昨日は11月22日、いい夫婦の日のイベント、ロンクリウェディングの撮影で運河プラザへ
d0131305_14321652.jpg
予定より10分も早く始まり、到着するなりこれから始まります、新郎新婦は目の前、プレス関係者は大慌て15分程遅刻の関係者もチョッとブーイング
d0131305_14383741.jpg
まー滞りなくという所かな、
ロングクリスマスは12月25日まで続きます。
[PR]

by Officepapermoon | 2008-11-23 14:41 | 街ネタ
2008年 11月 20日

kazeru

kazeru
小樽市民の皆さんにはもうおなじみのというか、毎月20日に北海道新聞朝刊に折込されている
フリーペーパー、折込だけではなく各家庭に配布もされております。
発刊から1年を迎えました、じつは表紙のランチの撮りは2号目からこの私が担当しておりました。小樽のの発信は、小樽のスッタフでということでして、毎回、真上からのランチ情報を発信しております、今回からは別アングルでこのブログでも発信します。
d0131305_18125559.jpg
今回は堺町通りのマルコポーロさんです。
[PR]

by Officepapermoon | 2008-11-20 18:16 | 街なりスト
2008年 11月 20日

30年

書こう書こうと思いながら、地方取材や編集やらで、機会を失い時間がただ過ぎていく。
もう2週間も前になるが、峯山さんの建築学会文化賞の受賞記念のシンポジウムが行われた。
第1部は基調報告「保存運動の経過と成果」 堀川三郎(法政大学社会学部 教授)
d0131305_16224375.jpg
彼などと言うと失礼に当たるかもと思いつつ、彼がこの街に現れたのは、1984ポートフェスティバルの6回目か7回目の頃まだ学生だったろうか、スッタフにの中に入り目を輝かして話を聴き、しきりにノートにメモを取っていた、そんな彼がいつの頃からかメモからICレコーダーになり、デジカメを持ち、デーバックにはノートパソコン背負い、10年位前からは学生と共にこの街にやってきて授業を展開していると言う、数年前「昔の資料はないですか」と聴かれ私の携わったTV関係のテープなどを貸してあげたこともあった、きっと間違いなく運河保存運動の資料は彼が1番持っている、そしてその成果がこの基調報告となった、与えられた45分はあまりにも短く、タイムオーバーもしましたが、まだまだ話はあるはず、機会があるなら今の学生の中に紛れ込んで聴きたいものだ、彼は終了後、通常の学会より180倍の緊張と1年生の終了報告と語ていた。
そして峯山さんの講演「保存運動が遺したもの」 
d0131305_17163677.jpg
1975年の「小樽運河を守る会」発足と同時に活動を始め、78年から会長になり84年辞任、現在94歳(失礼)初めて峯山さんにお会いしたのは、77年頃北大の3人組が「大運河展」を展開している時会場でお会いしたのがはじめてだったと思う、北大3人組ともに当時思っていたことを語っていると「まあ、すてきだわーぜひおやりなさい」と答えを返してくれる、そんなおばさん(失礼)でした、この30年をたまに確かめるようにメモに目をやり、運動を振り返りそして運動で得た新しいこの街の方向と街づくりの展望をやさしく語ってくれた、そして最後に運河保存運動は終っていないと。
第2部のまちづくりの展望はこの次機会に
[PR]

by Officepapermoon | 2008-11-20 17:52 | 街ネタ
2008年 11月 06日

晩秋と言っても

今日の小樽は晴れてます、気温も10月中旬の18℃位とのこと。
d0131305_12374660.jpg
d0131305_12383480.jpg
そろそろ例年のフィルム制作に入りたいと思います、半年間撮った映像とスチールを15分程度の作品にまとめます。
d0131305_12432699.jpg
d0131305_1244923.jpg
時には抜け出し散歩をし、レギュラーの仕事をし、お付き合いし「、あっ」と言う間に時間はすぎます。
[PR]

by Officepapermoon | 2008-11-06 12:49 | 街並
2008年 11月 05日

雪でした。

昨日は朝から雪午後には止みましたが、
d0131305_17263278.jpg
天狗山はこのとおり、
今朝は穏かな様子、私は先日のビールの仕込み作業の続きで小樽ビールへ、
d0131305_1731150.jpg
10月31日の発酵タンクの様子です、発酵タンクでは、18℃から5.9℃に下がり糖度も12.1から3.5に下がったぶんアルコールが増していると言う、(一般的なメーカーは発酵を早め高温短期で発酵させるため、二日酔いになりやすいビールが出来上がるらしい、小樽ビールは低温発酵でじっくり発酵させるから、2日酔いになりにくいと言う、しかし飲み過ぎやこの後の酒のあり方が私には問題あると思いながら説明を聞く、)仕込んでから10日が立ち今日は熟成タンクへの移動、ここではおおよそ1ヶ月熟成させる。
作業が順調に進み早めに終了したので運河公園へ、ここでは先日、峯山さんの「建築学会」からの受賞記念の植樹した桜に、山石に黒御影石にで掘り込んだプレート設置の作業が「緑の会」のメンバーによって進められていた。
d0131305_1812898.jpg
d0131305_1815232.jpg
無事終了し7日には峯山さんが見にこられるという。
d0131305_185819.jpg
相変わらず、重い雲の下、アメリカでは大統領が決まり、国内では小室の詐欺事件で大騒ぎ。
[PR]

by Officepapermoon | 2008-11-05 18:09 | 街なりスト
2008年 11月 02日

撤去

11月に入りました。築港ウィングベイのビッグツリーも昨日から点灯し、なんとなく気忙しいそんな気持ちにさせます、2008年まだまだ楽しみたいなと思ってもいます、良い年でもないのですが残り2ヶ月良い月にしましょう。
そんななか、ついにと言うかようやくと言うか駅前の歩道橋の撤去が始まる、1975年前後駅前開発が始まり、今はなきサンビルが完成と同時に長崎屋との間に作られた歩道橋、その頃書いた「ふぃぇすた小樽」と言うミニコミ誌に、
「小樽駅に降り、改札を出ると遠くに港が見えたが、今は歩道橋にさえぎられ見ることが出来ない、港町小樽の第一印象与えるそんな風景が塗り替えられ、この街の空気までもが変わってしまったようだ」と書いた歩道橋の下には横断歩道がある実におかしな構造になっていた、今でこそユニバーサルデザインの観点からは必要な事なのですが、あの歩道橋は邪魔者だった事には間違いなかったのです、そんな歩道橋が30年経ち、この度の再開発には必要ないということでようやく撤去となります、一部の写真愛好家には絶景ポイントとして愛しまれているようですが、私的には好かったと思っております。
d0131305_14464838.jpg
2005・6・10 4:05
d0131305_14515199.jpg
2003・10・ 13:04
もうこのアングルは不可能になりますが、駅舎から見える風景が又新たなアングルとなり迎えてくれることになるでしょう。
[PR]

by Officepapermoon | 2008-11-02 15:13 | 街ネタ