カテゴリ:小樽運河( 17 )


2013年 01月 26日

発見です。

何年も通っている小樽運河、薄氷の上に浮かんだのは、
d0131305_123784.jpg
わかります?ガス燈のシルエットです。
[PR]

by Officepapermoon | 2013-01-26 12:39 | 小樽運河
2012年 01月 30日

蓮氷

小樽運河多くの外国観光客が訪れています。圧倒的に中国語が飛び交っています。
小樽運河1月21日の写真です一面凍っています。
d0131305_1764141.jpg

d0131305_1732321.jpg

27日の撮影
d0131305_1774150.jpg
ちょっと緩んでいます。そして30日
d0131305_1784829.jpg
蓮?もう少し我慢でも雪あかりの路が始まると氷は壊されてしまします。
その雪あかりの路準備はちゃくちゃくと進んでいます。
d0131305_17133734.jpg
伝説の門もほぼ完成のようです。赤いウェアーの韓国ボランティアチームOKOVOも到着したようです。
[PR]

by Officepapermoon | 2012-01-30 17:17 | 小樽運河
2010年 10月 30日

例年から見ると

例年から見ると、運河の蔦はいまいちのようです、
d0131305_11433125.jpg
色はもちろん,葉の付き方いや先日の嵐で落ちてしまったようです、
d0131305_1146274.jpg
時季を見ても、2週くらい遅いようです。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-10-30 11:50 | 小樽運河
2010年 07月 07日

今年はまだ・・・

今年はまだ出会いません、
d0131305_12461514.jpg

30年いや20年前は、この時期よく見ていたこの風景、最近はこの時期あまり見ることが出来ません、やはり地球が変わってきたのでしょうか。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-07-07 12:49 | 小樽運河
2010年 03月 06日

春かな

今日は、午前中は雨午後は晴れ
晴れてはいるが寒い、
d0131305_16232143.jpg
つい先日まで、開いていた「おれの小樽」、小樽に観光と言うブームが始まろうとしている頃、いち早く道東からやってきて開業した、そして年間の観光客数が700万人を切ろうとしている今、さっさと引き上げて行ってしまった、レンガ造りの大同倉庫は、ゴルフ練習場になり、観光の裏側は今変わろうとしている。
いつも運河で、絵を描いている画家のFさん、「ちょっと撮ってもいいですか」と声おかけたら「いいよ」と、
d0131305_1633515.jpg
カモメさんは、Fさんのモデルをして慣れている、Fさん曰く「うん、たまにモデル料払ってるから親子でなれちゃって」と薄汚れて今だ放置された、ゆきあかりの路の雪像を見ながら答えてくれた。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-03-06 16:52 | 小樽運河
2010年 02月 23日

今年も

ゆきあかりの路が終って、10日が経とうとしている。
あいかわらず「兵たちの夢の跡」で、ゆきあかり以後の観光客はどうでもいいのか、と言わんばかりの光景が広がっていた、
d0131305_12522122.jpg
d0131305_12525657.jpg
年々大きく成るオブジェ、雪が解けることを待っているのか、壊して平らに戻そうとはしない、運び込まれた雪はよごれ、特に穴をあけてキャンドルを灯した雪は煤で黒く変色している、札幌の雪まつりは危険と言うことで、早々にし壊されるが、小樽は放置されたままです。
d0131305_135141.jpg
中央橋街園も
d0131305_1371961.jpg
北運河へ向う街路も、けして歩きずらい訳でも危険な訳でもないが、ここは景観を売りにしている地域、是非考えてもらいたいものだ。
昨年も同様のことをUPしましたが、ここ数日のブログの訪問者が増えているので書かして頂きます。いっそうのこと、「えぞふじ」でも・・・・
話は変わりますが、昨年6月から募集していた「小樽ショートフィルムセッション」の審査も終わり(審査員をしてます)3月7日応募作品の発表と表彰式を行います。
d0131305_13215631.jpg

初めての試みです、是非ご覧になって次の作品の為の意見を下さい、因みに私は立場上作品は出しておりません。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-02-23 13:30 | 小樽運河
2010年 02月 02日

2月になりました。

2月になり、街全体が雪明りムードに突入ですね、
d0131305_1749283.jpg
今日から又、冬日のようです。
運河には、
d0131305_1751490.jpg
薄く氷らしいマクがみれます、このまま冷え込むと蓮氷も期待できそうです。
そんな寒い中、「第12回おたる雪あかりの路」の準備が進められおります、
d0131305_1757227.jpg
この赤いスキーウェアーのメンバーは、韓国と中国からやって来た雪あかりのボランティア、このイベントの為に飛行機代や食費宿泊費を自費で持ち、(宿泊費の1部は実行委員会が補助)4日までに自分たちの雪像を作り上げ、5日からは、雪あかりのボランティアスタッフとして働く、彼らはこの様そうで5・6人で街中をかっ歩し、自分たちの食料の買出しをしたり、時には食事に出ております。街中で、もし出会う事があったなら、一言「ごくろうさま」「こんにちは」と小樽市民なら暖かな気持ちで声を掛けてやってほしものです。
[PR]

by Officepapermoon | 2010-02-02 18:24 | 小樽運河
2009年 07月 12日

さぶーー

数日20℃代の気温が続いていると、また落ちると言う繰り返し、昨日のこの時間もこの気温
d0131305_7434055.jpg
半袖ポロシャツ1枚ではチョと寒い、
d0131305_7454053.jpg
重そうな雲が今日も空を被っている、
d0131305_7481592.jpg
緑も濃くなってきた。この後霧雨が最低ー。
[PR]

by Officepapermoon | 2009-07-12 07:52 | 小樽運河
2008年 01月 18日

ハス氷

この冬一番の寒さが続きます。運河にもこんな現象が現れます。
d0131305_1234286.jpg
この散策路が、出来た数年はこのハス氷が見ることが出来ませんでしたが、温暖化と言われる中この数年は、年に2・3度見ることが出来ますが、「雪明りの道」にはやっかいものです、浅草橋街園あたりは氷と言うよりシャーベット状で、
d0131305_12443620.jpg
鴨たちもその中を進みます。
中央橋付近ではハス状のものが見れますが
d0131305_12482645.jpg
d0131305_12485345.jpg
まだ本物ではなさそうです、白い部分が氷の周りに付きます、この部分は氷と氷がぶつかりあって角が丸くなり、その時まくれたシャーベット状の氷が厚く残った物と思われます昔の運河では、船の出入りで波が立ち、きれいにできたと思われますが、今は大きな波が立つことはありません。
この寒さが3・4日続くとより理想的なハス氷になるかもしれません。
[PR]

by Officepapermoon | 2008-01-18 13:06 | 小樽運河
2007年 11月 21日

高齢者

あっと言う間の一週間でした。
92歳になる父が入院して24時間の付き添いです、姉と2人で時には姪の力を借りてです、札幌の病院に通っています。なぜ札幌かが問題です、市内の医院で2週間に1度診てもらっていたのですが、肺にくもりが見えるから大きい病院にと、当然市立病院へと(数日前の新聞では患者がいないと報道されていましたから)すると回答はNOなんです、「空きがない」と医者曰く「高齢だからでは」と、不思議です、市長「本当にあなたの部下は、あなたの思う通りに仕事しているのですか?」「この街で高齢者を引き受けなければ、どんな患者を入れるのですか」と、思いつつ札幌郊外の病院に通っております、ブログに慣れてきたところでの突然の休みとなりましたが、なにせデスクでの環境の為手軽に書けませんが何とか書き続けますのでよろしく。
で今年の私の初雪は19日が初撮り
d0131305_13531245.jpg
になりました。
d0131305_13542625.jpg
d0131305_135545100.jpg
いつも思っているのですが、奥に止めている車大体が同じ車です、市はちゃんと管理しているのでしょうか、いっそうの事、駐車している道路の幅をこの部分だけ細くすれば、駐車出来なくなるはずだ、
[PR]

by Officepapermoon | 2007-11-21 14:06 | 小樽運河