ようこそSHISA,SBARへ

shisamasa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 03日

木ノ内洋二展

3月7日から小樽文学館で展示されていた『木ノ内洋二』展がこの週末で終了する。
d0131305_125442.jpg

木ノ内さんと始めてお会いしたのは、1977年この時期だったようだ、当時北方舞踏派の合宿所だった海猫屋の3階の居間にチョコンと正座していた、正式な挨拶もしないままいつものように会話がなされ、いつの間にか知り合いになっていた、舞踏のことを話し写真の事をはなす、現代アートも詳しく取分け文学の話は一方的に聞かされたような記憶がする。そしてその年「丸井今井 小樽店」で行われた小樽文学展で、文学に対する木ノ内さんに姿勢を目のあたりにしたのでした、この展示会の時私は展示物の複写と展示内容の撮影を実行委員会から頼まれお手伝いをしたのですが、その仕切りは木ノ内さんだったのです。そのあたりから木ノ内さんの音楽の趣味などの話、そして知り合いの文学者の話を聴きすごい人と印象を持つようになりました、その後文学館設立の時には、木ノ内さんの指示で展示物の資料写真の複写、そして展示用のプリントを手伝うことになり、現在もそのプリントは展示会場で現役のようです。
いつもニコニコし黒いカバンを横に置き、楽しく酒を飲みブルースを聴く姿はいまだに脳裏にはっきりと覚えております。
そんな木ノ内さんの大好きだったブルースのレコードを聴きながら思い出を語る会が最終日の前日4日(土)午後6時から文学館で行われます。
[PR]

by Officepapermoon | 2009-04-03 13:05 | 街ネタ


<< ライブな夜      そろそろ海のシーズンが >>