2008年 08月 20日

HYC室蘭クルージング

10日過ぎてしまいました、いつものことですが後記事です。
8月10日午前3時15分私を乗せた「すばる」は小樽港マリーナ出港しました。行き先はまずは函館です、205マイルを30時間ノンストップです。
d0131305_11581833.jpg
日の出4時43分赤岩沖
d0131305_1204468.jpg
ただ青い空と青い海白い船体の照り返し
d0131305_1245323.jpg
日の入り18時50分奥尻島手前です、「すばる」のキャプテンとクルー他に2名のクルーがおり全員で6名で2人3チームでオーバナイト交代でワッチです、奥尻島を過ぎる頃からは、イカ釣り船の漁火の中を縫って進みました、私のワッチは3時からで上の国沖あたりからでした。
d0131305_123282.jpg
11日10時30分頃函館港入港予定より1時間30分遅れでしたが、いい航海でした、12日までここで一休みで温泉に入り(正確には日焼けで入れません、スチームバスと水風呂です)函館見学
d0131305_12431181.jpg
函館レンガ倉庫この橋の先は堺町通り以上のにぎわい。
d0131305_12541830.jpg
「すばる」はゆっくりマストを休めます。
d0131305_1248238.jpg
12日8時からレース参加艇のキャプテン会議です、ナイトレースの為か参加艇は減り5艇です、10時スタートを確認して会議は終了
d0131305_1256573.jpg

定刻スタートでした、風と潮流を求めて津軽海峡を目指しました。
d0131305_1331911.jpg
「すばる」以外の4艇はレース艇です。
d0131305_1352480.jpg
話題の「ナッチャンReraが側を通過します、ヨットから見るとまるで飛んでるようです。
d0131305_13113559.jpg
本流にのりました、12.6ノット(GPS表示)を最高に2時間恵山沖を目指しました。16時過ぎ恵山手前の岬で突然風が止み、早い逆流にぶつかりもどされます、悪夢の始まりです。
d0131305_1319472.jpg
17時40分ただただ抜けるチャンスを窺いながらこの「クロコダイルダンディ」とともにタイムアップの23時までこの地でたえたのです、23時13分タイムアップのため2艇が離脱です、そこから機帆走で
室蘭へ13日5時30分室蘭エンルムマリーナ入港でした。
桟橋に船を着け早速無事の到着を祝ってシャンパンで乾杯後朝から飲み会いえ反省会、そして事務局との打合せ、マリーナの隣には温泉施設があり10時の開店を待って入浴、午後から他のクルーは街中へ帰りの為の買出し、私はここで下船「すばる」は帰りは3泊4日で温泉めぐりをしながら小樽を目指す為の買出しです、そして私は3年ぶりののクラブメンバーとの再会でした。
d0131305_1475841.jpg
16時からキャプテン会議、各艇のキャプテン、サポートメンバー、が集まっての顔合わせです。
d0131305_14125243.jpg
ミーティング前に全艇のクルーの集合写真です、私の一番緊張する一瞬でこの会で一番重要な仕事です、この場所はヨットが入り白鳥大橋も入る所を朝の事務局の打合せで決め必要な脚立などの指示だします、そしてミーティング室蘭名物豚串焼き鳥はたっぷりめのカラシを着けて食べました、飲みました夜中まで他の艇を訪ねたりしながら続きます。
d0131305_14305012.jpg
ヨットにイルミネーション着けて飾ります。[#_14343062.jpg|200808/20/05/|mid|600|400#]14日は朝からマリーナかたずけをし解団式、予定ではこの後白鳥大橋開通10周年記念の機帆走パレードでしたが、風が強く雨で靄っている為中止になり各艇は母港へ向ったよです、津軽海峡に低気圧が通過しているようで一部の艇は出港を見合わせているようです。
我らが「すばる」はかかんにも低気圧に挑むようで、出港手伝い見送り陸路私は小樽に向かい14時には着くことが出来、15日からのイベントの準備ですがその前に母の墓参りでした。
[PR]

by Officepapermoon | 2008-08-20 15:02 | 活動


<< 17回堂々展      花火 >>