2008年 04月 10日

手宮高架桟橋

先月26日、北海道新聞夕刊の「えぞふじ」に書いた手宮高架桟橋鉄道への探索をしてきた。
d0131305_1333532.jpg
小樽祝津海岸線沿いにその鉄路は在ったと思われる
d0131305_13363895.jpg
進入部はもっと手前と思うが
d0131305_13375259.jpg
始めは平らな部分もあり
d0131305_13392516.jpg
春の花が咲いている所も
d0131305_13403542.jpg
しだいに険しくなるがサクラの木が植樹さている
d0131305_1343994.jpg
幻の滝は幻に
d0131305_1344268.jpg
手宮古代文字を過ぎたあたりで鉄路が在ったと思われる平地は見えないここで残念することにおよそ300メートルは確認したが、殆んどが山側からの土砂に埋もれているようです、
d0131305_13532121.jpg
このよう壁まではいけませんでしたが、もう一度機会を見てチャレンジです、このよう壁の上も土砂の様でサクラの植樹も見られます。
d0131305_13584534.jpg

[PR]

by Officepapermoon | 2008-04-10 14:01 | 街なりスト


<< 落陽      春うららかな日 >>